ヘルシーなおつまみ大募集!体脂肪が若干高めだけれど、お酒はやめられない。そんなバカエミを救ってください


by kackel
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

2013年 04月 17日 ( 1 )

17年間 ありがとう

バカエミです





17年前の 7月

マルヤスの前で ダンボールに入れられて捨てられていた チャー君

拾ってあげたのに

抱っこが嫌い・・・

猫とは 本来 抱っこが好きなもんと 思い込んでいた

バカエミには 軽~く ショック(笑)

f0194716_13375786.jpg


ノミだらけで 臭かった~~~

お風呂入れても もがくもがく


当時 姉んとこには ディディという ゴールデンがいて

対面

f0194716_13402484.jpg


「食べないでぇ~~~~~  ボクは おいしくないでしゅよ~~~」

「匂い嗅ぐだけよ~~~~  クンクンクン」

踏まれるのでは ないかと心配したものです


f0194716_13412533.jpg


カメラを向けると なぜか おすましの チャー君

ええ姿勢に ええカメラ目線

そろそろ おだち盛りになってきてる頃

ちなみに 写っている家は かっちゃんと 新婚時代を過ごした

泉が丘の 借家

勝手に猫 飼ってて ごめんなさい

築30年は 越えてるから 好き勝手してました


紙袋 ビニール袋 ダンボール箱 なんでも入って  とにかく いたずら三昧

f0194716_13442415.jpg


特に これが お気に入りの写真

決して 虐待では ございませんので ご安心を

手を チョイチョイしながら 暴れてましたわ(笑)


このときは まだ家猫でしたん

家中を 好き放題しておりまして

f0194716_13461789.jpg


お気に入りのキティちゃんと

のんびり くらしておりました

f0194716_13484716.jpg


しかし 一旦 出してしまったらもう最後

ふらりふらり 遊びに行くようになって

時には 何日も帰らず かっちゃんと 団地中 走り回ったり

ふっと帰ってきたと思ったら 顔面 フライパン状態

おそらく 蜂にさされたもよう

時には 片手が ポンポコリンになって

これまた 蜂にさされたもよう

きっと 蜂の巣をつついたんでしょう


よその ご家庭から スルメを拝借してきたり

これまた よその 猫ちゃんの モンプチ 袋ごと奪ってきたり

ほんまに 笑わせてくれました

7年ほど住んだ泉が丘から 今の家に引越してきた時も 1週間 閉じ込めて

徐々に慣れてもらおうと 外に出したら これまた 1週間以上帰ってこなくて

心配で心配で 何度もおまじないしたっけなぁ

ひょっこり 帰ってきて ご飯食べて また出てって

ようやく 1ヶ月ほどで 落ち着いてくれたな

縄張り争いしてたんかな?

この近所に来て しばらくしたころ チャーのばあちゃんい出会った

犬 猫 動物全般 大好きな おばちゃんで しょっちゅう前を歩いているうちに

すっかり懐いて 現在に至る

なんと 数年前 隊長のわくドキの わんにゃんのコーナーに

チャー君とチャーのばぁちゃんが登場


飼い主よりも チャー君をほんまに可愛がってくれました

ケガしたら アロエ持って チャー君追い掛け回し

チャー君も ばぁちゃんには 観念するのか おとなしくされるがまま

食欲のない夏なんかは 食べるまで これまた ばぁちゃん ご飯持って

どこまでも チャー君追いかけとったわ(笑)

「ばぁちゃん いつも ありがとうな~」

とお礼を言うと 怒られるの(笑)

「ええの! わたしが したいの! ええやろ??? そやろ?? ほっといて」

とよく言われて 今まで甘えてきました


f0194716_13591874.jpg


いつも 家の近くにいて

近所の子供たちが 見に来ても 逃げることなく もちろん 噛むこともなく

おとなしく見守ってました

ケンカが強くって 1~2年前まで 完全現役

でも 心配で 思いっきり加勢しまくってたけどね




ご飯の飽きっぽさは 天下1

気に入らない缶詰は 頑として食わず

そやのに 缶詰を開けるまで ニャーニャーと うるさいの(笑)

「これしかないけど 食べるの??? 」

と言ってもわからないけど つい喋ってる バカエミ

それでも しつこく 缶詰を開けさす チャー君

缶が開いた瞬間 ぴゃ~~~~~って 走って逃げる


「嫌がらせかい・・・(怒)」

何度 思ったことでしょう


何度 その残った 缶詰持って どないせぇっちゅうねん!!!って 

1人で 地団駄踏んだことか



f0194716_1494468.jpg


新入りのチャーリーが来ても チャー君は マイペース

ほえられても 知らんぷり(笑)

でも あんまりうるさくしたときは 猫パンチ炸裂さしてたね

「いくらなんでも 怒るで ワシも・・・」

ぐらいのもんでしょうか・・・


f0194716_14115320.jpg


「うるさい 小娘め!」

なぁんて 思っていたかしら???


昨年廃棄した 16年 お世話になった ソファ

チャー君のお気に入りでもありました

f0194716_1413357.jpg


よく そこソファで 一緒に・・・

1人でも 寝てました

気持ち良かったね~


f0194716_14152497.jpg


寝てほしくないところで 寝るのが チャー君

この鉢には いろいろ種もあったのに・・・

いつのまにか チャー君のベッドになってた


f0194716_14255844.jpg


またたび カニカマ モンプチ(芳醇仕上げっちゅうやつのみ)

最近は ジップに売ってる キャネットのモナーク

よく 買い締めてました

元気のええ時は もりもり食べていたのに

先週の水曜日 口内炎が悪化して 出血して 病院で注射を打ったものの

劇的な回復はなく

食べては 出血を繰り返し


それでも 家に入ったり出ていったりしながらも なんとか過ごしておりました


日曜日 お日様ぽかぽかしてる中 いつものように 寝てるチャー君に

声かけると もんすごい可愛らしい鳴き声に びっくり

どうした

何があった

1オクターブぐらい 高くなってないか???

なんか いままで ダミ声というか 貫禄のある声から

何かが 取れたかのような キレイな声になったんです

でも 寝っぱなし

どうせ 寝るのなら 家の中で寝れば???と思いつつも

本人が 外におりたいのだから 好きにさせておりました


でも 今週 月曜日

お隣の駐車場で 寝ている(半分動けない状態?)チャー君を

道で轢かれるとあかんから 家にいれようかと話してたら

ガクガクしてたので ご飯もあまり食べれてないから

いっぺん 病院で 点滴でも打ってもらおうと

病院へ 朝一行き 仕事もあるので 夕方お迎えで~~~~

なんて 気軽に考えておりました


しかしながら チャー君の体は もう限界に来ていたらしく

お昼ごろあたりから 静かに静かに寝ていたそうです。


そんな事とは 知らずに 脳天気にお迎えに行ったバカエミ


弱弱しく 横たわるチャー君見て 何もすることが出来ず


とりあえず 家に帰って

でも もう 体は 硬直しかけてて (まだ息はあるのによ!)


もう ほんとに 虫の息・・・


かっちゃんにも 来てもらい 


子供たち 集合かけて


もちろん チャーのばぁちゃんにも 来てもらい


全員に見守られる中 チャー君は 静かに逝きました。


安らかに 逝ってくれて 良かった


かなり 急な 展開に 家族全員 ほんまに 驚いて


でも 病院の先生は 


「 もう 十分生きれたよ  このまま そっとしといたって 」


と・・・


ま 確かに よく生きてくれました


となりの 猫友 がんちゃんも 今年2月に死んじゃったし


今頃 天国で 追いかけっこでも しとるやろか・・・


今は悲しくて 仕方ないけど


楽しいこといっぱいあったし めっちゃ笑わせてくれたし


感謝でいっぱいです


また いつか 天国で会えるかな???




チャー君 17年間  ありがとう!!!


チャー君は 最高の猫だったよ



あの日 チャー君に会えたことに 感謝


それが縁で 知り合ったみんなにも 感謝


本当に ありがとうございました。
[PR]
by kackel | 2013-04-17 14:59